ようこそ! 「旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド」へ

ポータルトップ >  ちょっと物知りな温泉用語  > ぬる湯って、どのくらいの温度を言うのか?


ぬる湯って、どのくらいの温度を言うのか?

40度以上の「あつ湯」に対し、40度未満のお湯をぬる湯と呼びます。ふつうに好まれる41~42度ぐらいのお風呂では、心臓などへの負担から長時間の入浴は望ましくありませんが、ぬる湯なら15~30分と時間をかけてゆっくりと発汗をうながしたり、体や心をほぐしたりすることができます。持続湯とも呼ばれるぬる湯は、さらに37~39度の水温に浸かる微温浴、34~37度の水温による不感温度浴などに分けられます。