ようこそ! 「旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド」へ

ポータルトップ >  ちょっと物知りな温泉用語  > 温泉たまごとは?


温泉たまごとは?

卵白と卵黄が熱で固まる温度が微妙に違う性質を利用し、温泉の湯を利用して茹でた卵。卵白の凝固温度は約80度で、卵黄より約10度高いため、70度弱に保たれた温泉で茹でることで、卵黄のみを固めて作ります。外側から固まっていく普通の半熟卵は、卵白が硬く卵黄が柔らかいのに対し、とろりと崩れる卵白の中に柔らかく固まった卵黄が姿を表わす独特の状態になり、全国の温泉旅館の食卓に供されたり、土産物として売られたりして親しまれています。最近は、保温効果のある容器を用いて家庭で楽しめる温泉卵器も売られるようになりましたね。