ようこそ! 「旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド」へ

ポータルトップ >  ちょっと物知りな温泉用語  > 間欠泉


間欠泉

熱湯や水蒸気を、一定時間の周期で吹き上げる温泉のことを間欠泉と呼びます。そのシステムには諸説あり、火山国のアイスランドや、アメリカのイエローストーンなどが世界的に有名です。日本でも北海道の登別温泉、宮城県の鬼首温泉、長野県の上諏訪温泉など、全国にその例がみられます。中でも上諏訪温泉の間欠泉は日本最大の規模で、1時間ごとに50mに及ぶ高さの泉水が吹き上げていた時期もありました。