ようこそ! 「旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド」へ

ポータルトップ >  ちょっと物知りな温泉用語  > たまには外湯も良い


たまには外湯も良い

温泉街にあって、宿泊施設を併設しない、日帰りの入浴施設や公衆浴場のことを外湯といいます。現代のように掘削技術が進み、大量のお湯を用いた温泉が一般的になる以前は、温泉といえば自然湧出によるものを指しました。限られた湯量の自然湧出温泉は、土地の人々の共有財産として共同浴場という形で提供され、その歴史のなごりが現在も受け継がれているのが、この外湯です。現在は独特のひなびた風情から、「外湯めぐり」など観光スポットとしても楽しまれるようになりました。共同浴場などの外湯では、土地の人々の迷惑にならないよう、マナーを守ることが大切です。外湯で有名な温泉には、城崎温泉や越後湯沢温泉などがあります。