ようこそ! 「旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド」へ

ポータルトップ >  ちょっと物知りな温泉用語  > 湯冷めと湯ざわり


湯冷めと湯ざわり

【湯冷め】
お風呂の湯の中で暖まっていると、急激な温度の上昇から体を守るために、皮膚の中の血管が拡張して体温を放熱しようとします。その状態で風呂から上がり、暖かい浴室から出てくると、冷えた外気の中でも開いたままの皮膚の血管の働きで、一気に体温が下がって湯冷めを起こし、風邪を引いたりするのです。湯冷めの起こりやすさは風呂場や脱衣場の環境にも関係し、隙間風などの入る寒い脱衣場では湯冷めを起こす確率も高まります。湯冷めしないためには、脱衣場を含めた風呂場の室温が暖かくしておくことが一番ですが、風呂場から出る前に足先に冷水を少量かけたり、水に漬けて固く絞ったタオルで全身を拭いたりして、広がり切った血管を縮めるのもよい方法です。温まったからと油断せず、濡れたままの体からできるだけ早く水分を拭うのは当然です。温泉に含まれる成分には体の中を芯まで暖めたり、薄い皮膜で皮膚を護ったりする効果があり、湯冷めしにくいといわれています。

【湯ざわり】
温泉のお湯の肌触りのことです。まろやかな湯ざわり、とろりとしたなめらかな湯ざわりなどは、有効成分を含む温泉ならではのものです。