ようこそ! 「旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド」へ

ポータルトップ >  温泉へ行こう  > 山の幸の秋の味覚を温泉地で頂く


山の幸の秋の味覚を温泉地で頂く

温泉旅行の楽しみは、メインの温泉はもちろん、珍しい風景や自然の情景を楽しむ観光に加えて、何といっても外せないのは季節のご馳走ですね。暖かいお湯で体を休め、その土地ならではの心づくしのお料理をいただく贅沢。そんな秋の味覚とともに楽しみたい温泉を幾つかご紹介しましょう。秋の味覚温泉、まずは山の味覚から。

山の幸といえば、信州。長野県別所温泉では、季節のレジャー、栗拾いにりんご狩り、ぶどう狩りを楽しんだ後は、秋のお野菜もたっぷりに山の幸の大ご馳走。メインはなんといっても、秋の味覚の横綱、松茸料理です。秋のごちそう、松茸をこれでもかと楽しむなら、同じ長野県の昼神温泉もおすすめ。天ぷらに炭火焼、松茸ご飯に土瓶蒸し・・と、秋の食卓は松茸三昧。湯上りはだもすべすべの温泉が美人の湯として好評で、名古屋からのアクセスがよく中日ドラゴンズ御用達の温泉としても有名です。

秋の紅葉と山菜料理なら、岐阜県の下呂温泉。庶民的な温泉街や名物の河原の露天風呂など、飾らない雰囲気に、素朴な山の幸でリラックス。香り高い山菜と田舎味噌を朴の葉で包んで焼いた朴葉味噌や飛騨牛のご馳走を食べて、下呂膏やさるぼぼなど、ご当地名物も豊富です。

山菜料理と当地の牛肉料理では、山形県、米沢市に位置する白布温泉。ご当地牛の米沢牛と山菜のお料理と、数件の旅館からなる小ぢんまりとした秘境的な雰囲気が好評で、鹿や猿、カモシカなども顔を出す自然たっぷりのロケーションです。スキー場も程近いので、冬になれば温泉スキーもよいですね。スキーと一緒に楽しめる温泉では、同じ山形県の蔵王温泉。こちらは数十件のホテルや旅館の立ち並ぶ一大レジャー拠点となっていますが、それだけに施設の種類も豊富。日帰り温泉や、河原に沿って展開する名物の大露天風呂など、楽しみどころは色々です。名物のジンギスカンでスタミナをつけるもよし、ずんだ餅など素朴な田舎スイーツも魅力です。