ようこそ! 「旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド」へ

ポータルトップ >  温泉へ行こう  > 神話の国、出雲にある玉造温泉


神話の国、出雲にある玉造温泉

紅葉の楽しめる温泉をテーマに、日本列島を紅葉前線とともに縦断しています。北海道では9月なるとはや訪れる紅葉も、西の国では11月とまったりテンポ。紅葉前線を追いながら、山陰、南海の古湯を尋ねてみましょう。

【島根県・玉造温泉】
神話の国、出雲の地にある日本最古の温泉のひとつ、玉造温泉は、大国主命と一緒に国造りに関わった、少彦名命の発見によるものと伝えられ、出雲の国風土記にその名を記された由緒ある温泉です。出雲大社はもちろん、真紅の紅葉が絶品の足立美術館の庭園、小泉八雲ゆかりの松江の街では宍道湖の夕映えなど、観光スポットも盛りだくさん。シンプルな割子に重ねて供される出雲そばや、淡水と海水が混ざり合った宍道湖特産のしじみは、ぜひ賞味しましょう。しじみの佃煮はお土産にも最適です。少し足を伸ばせば、大原美術館を擁する倉敷へも。芸術の町を自認する落ち着いた街並みとともに、ここならではの蔦の紅葉も見逃せません。出雲の国の紅葉は、10月下旬から11月中旬にかけてが見頃です。

>> お得な玉造温泉の宿はこちら


大きな地図で見る