ようこそ! 「旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド」へ

ポータルトップ >  温泉へ行こう  > 秋の味覚 海の幸


秋の味覚 海の幸

秋といえば紅葉、そして松茸を筆頭としたきのこや木の実など、山の幸が美味しい季節ですね。でも海の幸だって負けてはいません。晩秋ともなれば各地の海辺ではいよいよ蟹も解禁になり、地方独特の蟹が温泉旅館のお膳を華やかに飾ります。もちろん、蟹の他にも、ふぐに秋刀魚、大きな海老など、豪華な海の幸とともに楽しめる温泉をピックアップしてみました。

11月、日本海側の温泉旅館では、待ちに待った蟹の解禁とともに新鮮な蟹をふんだんに使った料理がお膳に並びます。東尋坊に近いことから東尋坊温泉とも呼ばれる福井の三国温泉では、ご当地だけの越前蟹をまるごと使った、焼き蟹、ゆで蟹、そして産地ならではの刺身で楽しむことができます。同じ北陸、能登半島の加賀温泉では、日本海のずわい蟹とともに、背後に迫る白山からの山の幸も。ぐっと西へ行けば、ひきしまった身がおいしい松葉蟹に加え、丹波の山の幸も一緒に楽しめる兵庫の城崎温泉。海の幸ともに名高い丹波牛を味わえる、当地ならではの贅沢です。

更に西に移動して、山口県の萩、湯田、長門湯元の温泉郷では、秋冬になれば有名な下関のとらふぐが旬を迎えます。ふぐは「不遇」に繋がるのでと、当地ではふぐのことを「ふく(福)」と呼び習わすとか。とろけるような刺身「ふくさし」に、「ふくちり」、「ふく雑炊」などが楽しめます。さらに西にいけば、かつてのオランダ貿易の玄関として栄えた長崎県の平戸の島。平戸温泉は2001年開湯の新しい温泉ですが、ご当地三台グルメのひらめ、団扇海老、平戸牛をはじめ、トビウオ、赤うに、カマスと数え始めたらきりがない豊富な海の幸を取り揃えた「じげもん(地元のもの)」料理を展開しています。小さな島ですが、教会や商館などが佇む歴史の色濃いエキゾチックな街並みも、ぜひ一緒に味わいましょう。

そして最後は正反対の北海道。旬の秋刀魚にきのこ料理が味わえる湯元温泉。香り高い燻製の秋刀魚やほくほくのじゃがいも料理も北海道らしいメニュー。茹で立てのじゃがいもにいくらや塩辛のマッチングは想像するだけで美味しそう。チーズ焼きもいいですね。北の海や大地の幸と、酪農製品の取り合わせは、全国の温泉でも北海道ならではの個性派メニューといえましょう。