ようこそ! 「旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド」へ

ポータルトップ >  温泉へ行こう  > 温泉に行こう!


温泉に行こう!

旅や行楽には色々あるけれど、国内旅行で全国各地いたるところで楽しめて、日本人なら年齢性別問わずみんなが好きなものといえば、やっぱり温泉ですね!

温泉と一口でいっても、風光明媚な宿で季節の郷土料理とともに味わうぜいたくなものから、土地の人に混ざって汗を流す素朴な公共温泉、秘境の隠れ家的温泉や登山の末やっと入れるワイルドなアウトドア温泉・・と、その様相はバラエティに富み、各人の好みに合わせて楽しめるのもひとつの大きな魅力です。


たくさんの味わい方があって人それぞれに楽しめても、最後は気持ちの良いお湯に浸かって、体と心を思い切り解きほぐしてリラックスできるというところは全てに共通。

日本人のお風呂好き、温泉好きは、半端じゃないのです。

それは、お風呂の入り方の文化からみても明らかです。

海外旅行で多くの日本人が戸惑うことのひとつに、お風呂やトイレに対する感覚の違いというのがあります。

まずこの二つが同じお部屋にあるところに始まり、特に洗い場の無いお風呂の使い難さは日本人にとっては致命的なのです。

西洋では元来はシャワーすら無く、湯船の中で石鹸で洗った体をそのままバスタオルで拭いておしまい、という入浴が主流だったというのですから、無理もありませんね。


それに引き替え、日本では昔から、洗い場で清めた体をたっぷりのきれいなお湯に沈めて、心底からリラックスするという入浴法を取ってきました。

使い放題の状態を「湯水のように」なんて言葉で言えるぐらい、お湯がふんだんにあり、かけ湯や流し湯ができるお風呂は、高温多湿で水には事欠かない日本ならではの贅沢といえましょう。

温泉は、火山国の日本の自然がもたらしてくれた大きな恵みなのです。

せっかく日本に住んでいるなら、この恵みを楽しまない手はありませんね。

温泉の魅力や楽しみ方、役立つ知識などについて、どんどん探っていこうと思います。