ようこそ! 「旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド」へ

ポータルトップ >  温泉へ行こう  > 北海道の中心に位置する層雲峡温泉


北海道の中心に位置する層雲峡温泉

温泉の魅力のひとつは、季節の行楽とともに味わえること。秋の行楽といえば、まず何より美しい紅葉ですね。赤や黄色に染まった木立の中、散り敷いた落ち葉の絨毯を踏んで真っ青な空を見上げれば、日々のこまごまとした悩みや小さなこことろの棘などは、すっかり消えてしまいそう。そんな素敵な紅葉とともに楽しめることで名高い温泉を、北から順にピックアップしていきましょう。

【北海道・層雲峡温泉】
北海道の真ん中、層雲峡は四季の風光明媚なことで有名な大雪山の国立公園内にあります。石狩川沿いに24キロにわたって続く断崖絶壁のスケールは北海道ならでは。季節になると、その風景全体が色彩豊かな紅葉に染まり、見る者を圧倒します。紅葉に彩られながら切り立つ不動岩から、流れ落ちる流星の滝、銀河の滝の二筋の滝は中でも大きな見どころ。層雲峡から大雪山観光道路を車で50分ほど行けば、紅葉の赤や黄色が針葉樹の緑とともに織り成す絵巻が美しい、銀泉台の日本一早い紅葉も楽しめます。バスや車で旭川の街へ降りれば、かの有名な朝日山動物園の表情豊かな動物達に会う事も。層雲峡温泉街はリゾートホテルや民宿も立ち並び、収容力も満点。層雲峡の一足早い紅葉が楽しめるのは、9月から10月中ごろまでです。

>> お得な層雲峡温泉の温泉宿はこちら


大きな地図で見る